トップページ > ブログ > アズミノイロ《安曇野彩》 りんごのお花と満月と

2021.04.26

アズミノイロ《安曇野彩》 りんごのお花と満月と

 

 

 安曇野らしい、林檎のお花と満月のデート。

絵本の中に迷いこんでしまった物語の主人公のように、幻想的な光景に今夜も出会えました。

 

いつもより駆け足だった春に連れられた、林檎のお花と満月のデートは今日だけの奇跡なのかもしれません。

 

 

安曇野が生み出す澄み切った空気と凛とした静けさの中からココロの心臓部までストレートに訴えかけてくる。満月と暗闇のしたり顔。

 

 

 

ドキドキが止まらなくなるのは、春の悪戯なのか。ピンクムーンなんていう偶然にもココロをくすぐってくるストレートな声に春の喜びの鼓動がより一層早くなります。

 

満月に感じるココロの奥がギューっと締め付けられるような吸引力に魅了されるのは、きっとあの人をそばで感じる時に必ずやってくるアレに似ているからかもしれません。

 

しっかりと感じる全快の月明かりに、月の美しさに、愛しいあの人の残像を自然と重ねてしまうのか。進んで重ねていきたいのか。重ねないわけにいきません。

 

 

 

幾度となく訪れる満月も、今日という日に観ることができる満月は人生で一度きり。

 

それというモノは全ての瞬間において当てはまってしまうけれど、簡単には会うことを許されなくなってしまったこの世界に、

 

一日一日、一瞬一瞬が大切だということに気付かされることが多くなってしまったこの時代に。

 

世界に一つだけのお月さまを見上げることができるのも、単純でありながら純粋に幸せなこと。

 

 

あの人もきっとどこかでキレイな満月をおなじように見上げている。

そんな思いをただただ重ね、冬と春の間にいる夜だけの空気に安曇野の物語の一ページは月がきれいですねという詞が似合います。

この記事のあとによく読まれている記事

贈答用
プレミアムいちご Premium strawberry

数量限定

安曇野の風と水と土が育んだ
こだわりのいちご

SOLDOUTSOLDOUT

世界を包む豊かな自然は、
抱きしめる【hug】と育む【はぐ】
人の手仕事を経て、人の手に渡り、暮らしを作る。
「hagu-hand(ハグハンド)」の世界から、
丁寧で心地よい暮らしが
たくさんの方に広がりますように。

CALENDAR

■は定休日となります。
Webからのご注文は、24時間お受けしております。
いただいたお問い合わせに対する返信、商品の発送業務等は
翌営業日より順次対応させていただきます。

9月営業日カレンダー
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
1
2
3
10月営業日カレンダー
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

定休日